2015年5月 6日 (水)

タツナミソウ

 3人の孫達との懇親会は、憲法記念日に枚方の農園料亭「杉五兵衛」で楽しんだ。

1505haru9007

家族連れで大繁盛だ。食後に、園庭のロバやウサギやヤギと遊ぶと孫たちは大喜び。

1505haru9093

1505haru9084

翌4日みどりの日は疲れ果てて、家でごろごろ。

5日こどもの日は、7時に家を出て、山城大橋から24号線を走る。

連休最中なので非常にすいていた。0730到着。

駐車場から畑まで、のびた草の道を歩くと朝露が靴の中まで浸み込んで、

靴下がぬれて気持ちが悪い。山はシイのはなでベージュ色に染まっていた。

1505sirakawa1812

 

1段目の畑に入ると、

タマネギ畑のセリ優占の雑草が繁茂して、

肝心のタマネギがどこにあるかわからない。

タマネギの生育も非常に悪いので、

雑草を刈り取ってタマネギが日光にあたるよう

にした。

1時間30分くらいしゃがんで仕事をしたので、足が痛くなる。

09:30頃にOさんが、続いてMさんが来た。

Oさんは長靴入れを製作。Mさんは、自分の畑で夏野菜の手入れ。

3段目の畑に自家製堆肥8袋全部を運びあげた。

一輪車を使用しても非常にしんどい作業だ。堆肥を畑に散布。

1505sirakawa1783

1505sirakawa1793

1505sirakawa1770

1505sirakawa1831

サヤエンドウをたくさん収穫して、3人で分けた。Oさんは藤棚下にゴーヤ6本を植えた。持参

のおにぎりを食べてから、里山を一周して写真を撮る。タツナミソウ、ツクバネウツギ、ハコネ

ウツギ、モチツツジなどが開花していたが、タケノコとシイタケは見つからなかった。みかんが

多くのつぼみを付けている。今年は豊作だろうか。

カエル池のオタマジャクシが元気に泳ぎ回っている。

1505sirakawa1809

2015年3月29日 (日)

アマナとオドリコソウ

3月の最後の金曜日に、毎年恒例のやましろ里山の会植物部会が主催するアマナ観察会に参加しました。昨年より桜の開花が少し遅れているようでした。

1503amana1106

1503amana1144

場所は、桜の名所で宇治川と木津川と桂川が合流する三川合流の背割り堤です。

アマナは、群落で咲いていました。

1503amana1152

1503amana1160

1503amana1161

オドリコソウも昨年と同じ場所でたくさん花をつけていました。

1503amana1177

1503amana1178

1503amana1183

桜は、まだ1分咲きくらいですから、背割り堤を歩く人も、ちらほらです。

1503amana1103

1503amana1146

2015年2月23日 (月)

枯れ木伐採

 1週間前になりますが、白川里山の雑木林で大きな枯れ木を10本ほど伐採しました。
ビオトープネットワーク京都会員スタッフの中に“木こり”さんがいることを始めて知り、驚きました。コナラとクヌギ類が昨年から多数枯れ始めて、カシノナガキクイムシに喰われていものと思っていました。枯れた大きな枝が落下してきて大変危険な状態でした。

1403basai6758

 

1502basai0745

左の写真が昨年3月、右の写真が今回です。チェーンソーで主な伐採をしてくれたのは定年退職をされているSさんです。10m以上もある大木が倒れる方向を性格に把握してノコギリを入れる腕前は見事です。地響きを発てて倒壊した枯れ木を見て、改めて木の大きさに驚きます。

1502basai1

1502basai0735

1502basai0732

1502basai0726  1502basai0793 

伐採してみると、枯れた原因は、
カシノナガキクイムシのせいばかりではなさそうです。

1502basai31502basai0748

 ナラガレ、マツガレの枯れ木伐採作業をしました。大きな木を10本余り切り倒し集積しました。幹の中からは原因となる虫の幼虫がたくさん出て来ました。作業していただいた皆さんお疲れ様でした。

2015年1月 5日 (月)

残雪の白川里山

今年初めて白川里山に行きました。

元旦の夕方から降り始めた雪は2日も積雪しました。

1501sirakawa0380

京田辺の我が家から、ここへ来るまでの 道には、雪が全く残っていなかったのですが、白川里山の峠から坂を下り出すと、辺り一面が真っ白です。

 

雑木林も竹やぶも真っ白で、畠作業はできません。

1501sirakawa0401竹やぶには、ナメコが大きくなっていました。

畠の野菜も雪に覆われていました。

1月18日(土)の七草粥の日に使うスズナ(ダイコン)とスズシロ(カブラ)、それにキャベツとニンジンとネギは、たくさんありました。

1501sirakawa0344

                                   1501sirakawa0347         

 

1501sirakawa0351

1501sirakawa0352

2014年9月 1日 (月)

鴨川で川遊び

今年の夏休みは、曇ったり雨が降ったりと日照時間がものすごく少ない嫌なお天気でした。8月最後の土曜日、30日は何とかお天気に恵まれて、私たちNPOビオトープネットワーク京都では、鴨川が24号線と交わっている勧進橋の下流で「鴨川生き物調査」という公開イベントを行いました。

1408kamogawa8926

京都市伏見区付近の鴨川は近年、河川改修が行われて、非常にきれいになっています。流れが可成り強いので、川底に引かれた玉砂利はヘドロが着いていることなく、さらさらと流れています。

今日は、小学校低学年の生徒と先生で30名、2歳半くらいの保育園の子供達など、それに市内の中学校生物クラブの生徒と先生、スタッフを合わせて40名以上が集いました。

1408kamogawa8970

川に入る前に子供達は、スタッフのおじさん・おばさんに、始めてのライフジャケットを取り付けてもらいました。そして、ひげのおじさんから安全な川遊びと注意事項などのお話を聞きました。

1408kamogawa9045top

1408kamogawa9033

1408kamogawa9007

初めて川の中に入る子供達が多いので、スタッフに支えられながらも、魚とりのネットを持って「きゃーきゃー」と大喜びで川に入りました。 川の中は、改修されて、きれいになっていますが、お魚たちの住み場であるワンドが無くなり、岸辺で網を入れてみても、大きなお魚やヤゴや水生昆虫は非常に少なくなっていました。

1408kamogawa89961408kamogawa8988

約1時間くらい、川の中で生き物探しをして、獲物を川岸にあげて集めてみました。大学の生物の先生から、生き物の名前や生態について教えてもらいました。ミシシピーアカミミガメという外来の亀を捕まえましたが、ムギツク、ギギ、アカザなど珍しいお魚もいました。終わったら生き物は川に戻しました。

1408kamogawa9031

1408kamogawa8952

 

1408kamogawa9024

最後に、ライフジャケットを着けて、流されて、救助をする訓練をしました。ちょうどよい川の深さと流れの速さでした。子供達には、この訓練が一番楽しかったようです。

1408kamogawa9047

2014年7月 9日 (水)

草刈り・合格

台風の影響なのか、蒸し暑い日でした。

今日(2014年7月9日)午前中を白川里山の畑で過ごしました。

里山グループの方々が忙しい合間に、入れ替わり立ち替わり、

草刈りに来てくれたおかげで転作田自己保全管理の検査に合格して、

確認票が畑に立てられていました。

1407sira09kawa8523

1407sira09kawa8524

白川里山の今日の全景です。きれいさっぱりです。

1407sira09kawa8519

1407sira09kawa8497

畑の中もサツマイモの葉が生い茂っています。

1407sira09kawa8516

トウモロコシも、立派に生育しています。

1407sira09kawa8506

7月の定例会が楽しみです。

半夏生がお化粧をしてきれいです。

1407sira09kawa8525

2014年6月16日 (月)

屋上ビオトープ

6月の始めに、ビオトープネットワーク京都のKo、Sa、Ymさんの3人で、保環研の屋上ビオトープ及び前庭の除草と剪定を久しぶりに行いました。

PhotoPhoto_2

屋上ビオトープのアオコなどの藻を取り除いていたら、見慣れないヤゴが出てきました。一匹だけですが何とオニ ヤンマのヤゴです。

20146

このような街中の屋上ビオトープができて10年足らずで、オニヤンマが来たという、都会では考えられま せんが、うれしい便りです。

除草の前と後です。きれいさっぱりとなりました。

Photo_6

                                                                

Photo_3

 

2014年6月 9日 (月)

梅雨の花

昨日は、梅雨の晴れ間をぬって、白川里山で畑をしました。

今年もササユリが咲いてくれましたが3株と少なくなっています。

花の盛りは、少し過ぎていました。

1406sasayuri01083

 柿の木には、毎年見られる、

モリアオガエルのタマゴが1個だけですがありました。

まだ、新しそうですから、これから増えるでしょう。

1406moriao01076

ノビルの花もきれいでした。

1406nobiru9399

 

京田辺の山では、ホタルブクロが口を開けていました。

1406hotarubukuro9449

1406hotarubukuro9455

 

 
                                                   

 

続きを読む »

2014年4月20日 (日)

ヤマネコノメソウとジュウニヒトエ

4月の里モニ植物調査をしました。宇治白川里山です。

1404satomoni7528

休耕田では、カンサイタンポポとウマノアシガタで黄色のお花畑となります。

1404tanpopo7596

 

その中でも、普段あまり見る事ができない野草を記録します。最初は、ヤマネコノメソウです。1404yamanekonomeso9086

1404yamanekonomeso9087

数年前は、単純にネコノメソウとしていましたが、葉の付き方をよく見ると互生です。葉が茎に互い違いに出ています。

次にキランソウです。

1404kiranso7476

 

この花は、白川里山にも沢山ありますが、よく似ているが花が白っぽくて少し違います。花が重なって咲く様子を古代の十二単に見立てたジュウニヒトエです。この花はシソ科ですが、あっという間に大きな群落を作るヒメオドリコソウとは、ずいぶん違うなと思います。1404jyunihitoe7539

続きを読む »

2014年4月 4日 (金)

スミレとフキ

4月草々、白川で畑しました。暖かな日でシャツ1枚で里山を歩きました。雑木林のハンノキは、まだ葉が出ていませんが、ウワミズザクラは、花より先に明るい葉を付けています。

1404hannoki7173

1404uwamizuzakura7177_2

雑木林のフキのトウは大きくなり花が咲いています。 

1404hukinohana7172

1404huki7170_3

今年もシハイスミレとタチツボスミレの群落があります。1404sihaisumire7182

1404tatitubosumire71911404yamaakagaerutamago7157

カエル池は、ヤマアカガエルのオタマジャクシで満員です。

続きを読む »

Powered by Six Apart