お出かけ・旅 Feed

2016年4月 8日 (金)

サクラ 八幡の背割り堤

 4月5日(火)は京田辺パソコン同好会のデジカメ撮影会。前日の4日が当初予定日であったが、雨なので1日延期。結果は、花曇りの暑からず寒からずのお花見日和となりました。いつもの無料駐車場が、お花見期間は使用出来ないので、シルバーおじさん6名がバスで、およそ40分かかって、京阪八幡市駅に0930頃に到着。

1604sansen9355

 お花見で、御幸橋付近から混雑が続いています。背割り堤の桜並木は、ちょうど今日が見頃。入り口から、各自が自由に撮影を続けて、11時30分に桜堤の終点で集合しようと打ち合わせをして、下流へ向けて撮影開始。1604sansen9339

花曇りで、桜撮影には絶好の日和。私は、桜ばかりでは、面白くないから、途中から堤の北側に降りて、アマナを探して歩くと、昨年とほぼ同じ場所に2カ所の群落があった、開花している花は多くはなかったが、被写体としては十分だ。さらに下流に向かうと、オドリコソウの群落が非常に増えている。しかし、誰もこれらの花を撮影している人はいなかった。

1604sansen9527

1604amana9447b

B1604odorikosou9467

11時30分、桜並木終点のゼロポイントまで来ると、おおぜいの花見客が階段に鈴なりに座ってお弁当などを食べながら休んでいます。私たちシルバア爺さんは、南側の草原に新聞紙を敷いて座り、缶ビール片手にお弁当をひろげます。1時間くらい、お花並みの娘さん達を眺めて歓談。外国からの花見客が意外に多く、純白のウエディングドレスでサクラ並木を背景に撮影をしているお嬢さんもちらほら。帰りは、堤防南側下を歩いて入り口に戻る。花見客が非常に増えて場所取りらしきブルーシートも見られたました。

1604sansen9360

1604sansen9358_2

1604sansen9384

 

1604sansen9484

 

2013年3月27日 (水)

アマナとオドリコソウ

一昨日、やましろ里山の会の人達と淀川三川合流地点の背割り堤の桜を見ながら、アマナとオドリコソウを観察しました。冬の気圧配置で北風が強く寒い日でした。桜はまだ、三分咲きくらいでした。1303amana1751

上流のアマナは、少なくてまだ、蕾です。1303amana1738

下流の群落でもまだこんな状態です。1303amana1785
1303amana251814

近くにオドリコソウの群落がありました。ヒメオドリコソウは、あっと言う間に増殖しますが、日本古来のオドリコソウはおしとやかです。

1303amana251804
1303amana251806

2013年2月27日 (水)

ビオトープのお勉強

昨日、火曜日。京都市内の太秦映画村に近い小学校でビオトープの勉強をしました。この学校内には、かなり以前からビオトープがつくられているのですが、寒い冬場は、誰にも見てもらえず、寒々としています。また、このビオトープのすぐそばには、幅5㍍くらいの川が流れていて、昔は夏にはホタルが飛んでいたそうです。校内のビオトープでもホタルが飛ばないだろうかとの学校の希望もあり、私たちNPO が生徒の自然ふれあい授業をかねて招かれました。1302umedu1339     

午前中の授業に出てくれたのは、卒業間近の6年生2クラスです。授業の項目は、池の掃除をかねてネットで池の中の生きものを調べること、ビオトープ周辺の野草を調べること、それからホタルが生息できるかどうかの水質環境を調べました。1202umedu1310     

花は咲いていませんが、植物を採取して名前を調べました。

1302umedu1343

池の中からはゴミもたくさん出て来ましたが、ヤゴやメダカ、エビなど生きていました。

1302umedu1328

ビオトープでの調査を終えてから教室に戻り、調査結果を図に表して、班ごとに発表しました。さすがに6年生です。図表をつくるの上手です。

1302umedu1360 1302umedu1367

                              

2008年7月21日 (月)

下草刈り

  0807sakai0618              7月21日は海の記念日です。むかし海関係の仕事をしていた私は、久しぶりに潮の香りが恋しくなり、昨日、大阪湾の堺7-3区という埋め立て地へ行きました。ここは、産業廃棄物や鉱滓、プラスティックゴミなどを埋め立て処分した跡地で、表層約50センチくらいは山土で覆われています。 昨年秋、この島の一部(100ha)にボランティアの人達(約400名)が100年先の「共生の森」を夢見て数万本の植樹を行いました。0807sakai0684_3 今日は、その植樹を守り育てるために下草刈りをボランティアの人たちで行いました。(社)大阪自然保護協会がこの「共生の森」づくりを行っているワークショップを支援しており、私は(社)大阪自然保護協会のスタッフとして参加しました。梅雨が明けたばかりの炎天下での草刈り作業はなれない人には過酷な作業です。0807sakai0667 それでも100名のボランティアが集まり、午前中3時間で、予定の作業は完全に終わりました。草刈り中にアシナガバチの巣がたくさん見つかり、手や足を刺された人も数人いました。

0807sakai0648

大きな樹木が1本も見られない荒野ですが、外来種のアレチハナガサやハナハマセンブリなどの草花が大きな群落をつくって心を和ませてくれます。

Powered by Six Apart